KeyPerson

年商5000億円を視野に

日立ソフトウェアエンジニアリング 社長 諸島伸治

取材・文/安藤章司 撮影/馬場磨貴

2010/05/20 19:37

諸島 伸治

週刊BCN 2010年05月17日vol.1333掲載

 日立ソフトウェアエンジニアリングは、今年10月1日付で日立システムアンドサービスと合併し、日立ソリューションズとして新しいスタートを切る。だが、“相似形”と揶揄されてきた両社だけに、統合後の相乗効果が発揮できるかどうかを不安視する声も聞かれる。日立ソフト社長で、日立ソリューションズ副社長への就任が予定されている諸島伸治氏は、「将来的に年商5000億円を視野に」と、新会社の事業拡大に強い意欲を示す。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。

関連記事

【2010年 年頭所感】 日立ソフトウェアエンジニアリング

日立製作所グループ ソフト・サービスで海外重視

日立情報と日立ソフトと日立システム、3社合同CSRセミナーの第3回目を開催