日立ソフトウェアエンジニアリングは、今年10月1日付で日立システムアンドサービスと合併し、日立ソリューションズとして新しいスタートを切る。だが、“相似形”と揶揄されてきた両社だけに、統合後の相乗効果が発揮できるかどうかを不安視する声も聞かれる。日立ソフト社長で、日立ソリューションズ副社長への就任が予定されている諸島伸治氏は、「将来的に年商5000億円を視野に」と、新会社の事業拡大に強い意欲を示す。