日本ユニシス(籾井勝人社長)は、IaaS(Infrastructure as a Service)サービスの新ラインアップとして、顧客が利用するイントラネットの延長でストレージが利用できる「ITCファイル共有サービス」を7月1日から開始する。

 月額でサーバー、ストレージ、ネットワークのリソースを利用できる「ITCホスティングサービス」の一環として提供する。独自のネットワーク技術を駆使し、顧客指定のIPアドレス設定とネットワークアドレス交換(NAT)のない接続が可能。「Active Directory」などで社内システム認証を行っている法人でも利用可能だ。

 「ICTファイル共有サービス」は、基本料金が月額/27万円(税別)で、1TBあたり月額/14万円。