日本ユニシスは、4月14日、中央三井アセット信託銀行から「確定拠出年金管理システム」の開発を受託したと発表した。システムは、同社のデータセンター(iDC)を利用したクラウド環境「ICTホスティングサービス」を利用して稼働を開始した。

 システムは、最新技術のiDC基盤「MiF(Modeled iDC Farm=ミフ)」を採用し、ICTホスティングサービスへ移行し、運用コストの低廉化を実現した。中央三井アセット信託側では、必要な部分だけをスピーディに利用できる。また、中央三井では、日本ユニシスの確定拠出年金パッケージ「Benefit Keeper」を採用している。

 日本ユニシスは「金融機関のシステムをクラウドで稼働させたことで、クラウドの安心・安全がお客さまに高く評価された」と認識しているという。