日本ユニシス(籾井勝人社長)と京セラコミュニケーションシステム(KCCS、小林元夫社長)は6月2日、変更管理ソリューション「Tripwire」の販売で協業すると発表した。

 日本ユニシスは、KCCSとの協業により、情報セキュリティサービスシリーズ「iSECURE」のラインアップに「Tripwire」を追加し、「iSECURE Tripwire」として販売する。ユーザーのセキュリティ維持やシステム管理に対する強力なソリューションとして提供する考えだ。一方、KCCSは、「Tripwire」の運用ノウハウを生かしサポートを担当する。

 KCCSは、99年から「Tripwire」製品を取り扱っており、03年からはトリップワイヤ・ジャパンの販売代理店となっている。製品の販売・導入・運用・保守などの各種サポートサービスを幅広く提供してきた。Webサイトのコンテンツ変更検知に加え、「Gumblar」、「改ざん」、「情報漏えい」への対策、さらに内部統制やPCI DSSなどのコンプライアンス対策といった顧客からのさまざまな要望に対応している。

 日本ユニシスでは、「iSECURE Tripwire」において、今後3年間で1億円の売り上げを目指している。