調査会社の富士キメラ総研によると、NTTデータイントラマート(中山義人社長)のウェブシステム構築基盤製品「intra-mart(イントラマート)」が、「2010年パッケージソリューション・マーケティング便覧」の「ワークフロー市場」分野でシェア1位になった。分野を新設した08年から3年連続の首位。

 「intra-mart」は年々進化を遂げ、10年4月にリリースした新リビジョン「intra-mart WebPlatform Version V7.2」から、新ワークフローコンポーネント「IM-Workflow」を追加した。

 ユーザーの要望をもとに「稟議的機能」を搭載したことで、柔軟なワークフロー処理を可能にした。ワークフロー処理中に動的に次の処理者を変更したり、任意の場所に差し戻したりするなど、日本の商習慣からくる要求にも応えている。