NTTデータイントラマート(中山義人社長)は1月13日、NTTコミュニケーションズ(NTTコム、和才博美社長)と協業し、クラウド型メールサービスの提供を開始すると発表した。

 このメールサービスは、NTTコムのクラウド型メールサービス「Bizメール」をベースにしたもので、Webアプリケーション統合基盤の「intra-mart」上で稼動するグループウェア製品、イントラネット・スタートパック(スタートパック)と連携し、グループウェアとクラウド型メールのシームレスな利用環境を提供する。ユーザーは、メールサーバー構築や維持運用から開放されるため、コスト削減効果も期待できる。

 メール容量は、1IDごとに最大10GBのメール容量を提供。また、企業利用に最適化された使いやすいメール機能を実現するとともに、企業に必要な高度なセキュリティ機能、監査機能を搭載している。このほか、管理者向けカスタマポータル機能を企業単位で提供し、サービスの稼動状況や設定情報を確認することが可能となっている。

 同社では、大手企業を中心に、提供開始初年度で100社への販売を目標としている。