日立情報システムズ(日立情報、原巖社長)は、企業向けブロードバンドネットワークサービス「NETFORWARD/BB」に、最大で1000拠点まで接続できる多拠点接続用メニュー「クローズドタイプ・ハイパー」を追加し、中堅以上の企業向けに6月24日から提供開始した。

 「クローズドタイプ・ハイパー」では、「NETFORWARD/BB」のバックボーン内に最大1000のフレッツ回線が収容可能な顧客専用のアクセスコントローラ(AC)を設置する(東京/大阪/福岡から選択)。アクセス回線のフレッツサービスは、NTT東日本/NTT西日本によらず設置したACに接続できるため、これまで東西別々に構築が必要だったクローズドIP網を一本化することが可能となり、構築や運用コストと管理負担を大幅に軽減できる。

 また、ACを介することで通信キャリア各社の回線サービスとの接続も可能となり、専用線サービスとブロードバンド系サービスの組み合せやマルチキャリアによる信頼性を考慮したネットワークを構築することもできる。

 同社では、「クローズドタイプ・ハイパー」を大手流通業や飲食業など、全国に多拠点展開する企業を中心に拡販を進め、13年度(14年3月末)までに売上高10億円を目指す。