日立情報システムズ(日立情報、原巖社長)は、上海の地下鉄とリニアモーターカー(リニア)を対象とした経路探索サービス「ハイパーダイヤ 上海万博版」を、「中国2010年上海万博」への来場者向けに、4月27日からWeb上で無料公開した。

 「ハイパーダイヤ 上海万博版」は、上海万博開催に合わせて整備された地下鉄とリニアの経路検索サービス。空港から万博ゲートまでの検索が可能で、万博会場の各ゲートを出発地・到着地として設定できる。駅名・ゲート名は、マウスクリックだけで入力できるため、難解な中国語の駅名をキーボードから入力することなく設定可能となっている。

 経路検索によって、地下鉄単独としては世界最長(総延長420km)で、11の路線が複雑に入り組んでいる上海の地下鉄を効率的に利用することができる。なお日本語版と中国語版の2種類のサービスを用意しており、日本・中国国内からの上海万博への来場者を幅広くサポートする。