NTTコムウェア(杉本迪雄社長)は、法人向けクラウド「SmartCloud」の第1弾として、IT基盤サービス「SmartCloud Resource Pool」と、デスクトップ環境を提供する「SmartCloud Desktop」を7月15日に発売する。

 「SmartCloud Resource Pool」は、ビジネスや情報システムのライフサイクルに合わせて、サーバーやストレージなどのICTリソースを1か月単位で利用できるIaaS型サービス。同社の複数のデータセンター(DC)から提供することで事業継続を維持するほか、専用線をはじめ各通信事業者のネットワークと接続できる、HA機能でコストを抑えながら、仮想サーバーの高可用性を果たしている。価格は初期費用21万9000円から、月額料金4万4700円からに設定した。

 「SmartCloud Desktop」はDaaS型として、ユーザー企業が一般オフィスやコールセンターなどで利用できるようにしたサービスで、企業のシステム管理者が抱える煩雑な管理負荷を軽減する。ファイルサーバー機能やリモートアクセス機能などの拡張も可能。価格は初期費用で91万2300円から、1000IDの場合の月額料金で1IDあたり1万500円に設定している。

 同社は、DCやITサービスマネジメントのノウハウ、社内クラウドとして約50システムの統合と約5000アカウントを収容するデスクトップ・サービスを運用している実績を生かし、サービス提供に踏み切った。