KLab(真田哲弥社長)は7月15日、ソースポッド社のメール市場に特化した分析レポート「国内メール市場分析レポート2010」の「メール配信市場分析レポート2010」において、携帯メール配信エンジン「アクセルメール」が2年連続で携帯配信エンジン(MTA)市場全体の売上金額シェア第1位を獲得したと発表した。

 「アクセルメール」は、携帯メールを「今すぐ」「大量」「確実」に携帯電話に送ることができるメール配信エンジン。メールサーバーにソフトウェアをインストールするだけで、携帯向けの大量メールを60万通/時以上の高速で確実なメール配信を実現する。

 ソースポッド社の調査によると、携帯配信エンジン(MTA)売上金額において、「アクセルメール」が19%のシェアを獲得し、昨年に続き堅調にMTA市場No.1をキープした。KLabでは、自社で多数の携帯コンテンツを運営し、「アクセルメール」でメール配信を行っていることから、携帯キャリアの動向や新たな要件への迅速な対応が可能で、メール配信ASP企業へのOEM展開などでも先行していることなどが、今回の結果に結びついたものと考えている。