KLab(真田哲弥社長)は、ソーシャルアプリ参入企業向けにホスティングとインフラ構築・コンサルティングまでをパッケージしたサービス「DSAS(ディーサス)Hosting for Social」を提供開始すると発表した。

 「DSAS Hosting forSocial」は、mixiアプリやモバゲーアプリ(モバゲーオープンゲーム)に参入する企業に向けて、統合インフラ・ソリューション「DSAS」を利用可能な状態にしてサーバーを貸し出すサービスに、高負荷対応アプリ開発のコンサルティングサービスを加えたもの。

 ソーシャルアプリに最適化したサーバーインフラを構築、企業に提供したうえで、アクセス状況やサーバー構成の変更にともない随時最適化する。また、アプリがボトルネックにならないよう、アプリ開発のコンサルティングも手がける。

 開発者はアプリケーション開発に専念できるとともに、初期投資を変動費化できリスクを低減できる。さらに、ユーザー数の拡大に合わせて、即座にサーバー増設が可能で、機会損失を防ぐことができる。

 料金プランは、レベニューシェア(初期費用無料)と、初期費用+アクセス従量の2パターンを用意している。

「DSAS Hosting for Social」のサービス概要