エス・アンド・アイ(S&I、藤本司郎社長)は、7月28日、XperiaやHTC DesireをはじめとするグーグルのAndroid OSを搭載したスマートフォンで利用できる企業向け発信専用ダイヤラー「uniConnect(ユニコネクト)for Android」を発表した。8月1日から、同社のウェブサイトでダウンロード提供する。

 uniConnectは、同社が2009年に開発したアップルのiPhoneを企業の内線電話として利用できる発信専用ダイヤラー。米コミュニゲート・システムズ社のSIPサーバー「CommuniGate Pro(コミュニゲート・プロ)」を経由して、スマートフォンからのFMC(Fixed Mobile Convergence)を可能とする。

 アンドロイドへの対応で、ユーザー企業にとってはNTTドコモ、ソフトバンクモバイル、KDDIが混在している環境で、各社のスマートフォンを内線電話として利用できるようになる。S&Iでは、今回のアンドロイド対応をきっかけに、「uniConnect」の導入案件を増やすことで、スマートフォンのビジネス利用の促進につなげていく。

 同社は、「uniConnect」をインストールしたユーザーに対して、9800円で利用できるトライアルキャンペーンを実施。1社あたり2~4人が4週間、03局番からの電話の発着信をはじめ、専用ウェブブラウザベースの電子メール、スケジューラ、チャットなど「uniConnect」の機能を活用できる。