Lunascape(近藤秀和社長)は、7月29日、iPhoneとiPadアプリケーション開発に参入した。第1弾として、iPad用タブブラウザ「iLunascape」を米国時間7月29日に提供する。

タブ表示やボタン操作でのタブ切り替え、傾きによる回転のオン・オフなど、Safariにはない機能を満載

 「iLunascape」は、iPadでの快適なタブブラウジングをコンセプトに、Windows向けタブブラウザ開発の経験を生かして開発した無料アプリ。タブや主な操作ボタンを下側に配置したことで、自然な持ち方でタブブラウジングができる。

 パソコンと同じようにタブも動作しているため、例えばTwitterのタイムライン取得やYouTubeの動画再生をしながら、別のタブを閲覧できる。タブを切り替える時の再読み込みが発生しない。

 閲覧ページのキャプチャも簡単で、メモ代わりにページを記録しておけば、通信環境がない場所でもページを確認できる。