Special Feature

iPad、法人需要に火はつくのか

2010/07/08 21:33

週刊BCN 2010年07月05日vol.1340掲載

 社会現象と呼べるほどのヒット商品になっている「iPad」。電子書籍やゲーム、映像など、娯楽系コンテンツを楽しむデジタル機器として注目を集めている。だが、iPadの利用価値はそれだけではない。その機能を考えれば、企業・団体の生産性向上や業務効率化のための“業務用モバイル端末”として、価値をもっているはずだ。法人向けITビジネスを手がける一部のITベンダーは、iPadのもつ力に魅せられ、すでに動きだしている。「魔法のデバイス」とアップルが表現するコンピュータの法人需要には、火がつくのか。可能性を探った。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。

関連記事

iPhoneなどスマートフォンのビジネス利用を展望

アジア最大のIT見本市「ComputexTAIPEI」開幕、iPadの影響色濃く