富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(富士通SSL、花岡和彦社長)は、メール誤送信防止製品「SHieldMailChecker」の対応範囲を、Microsoft Exchange Server(Exchange Server)とMicrosoft Office Outlook(Outlook)の最新バージョン2010に拡大するとともに、Exchange Serverについては2003にも対応範囲を拡大し、8月2日に発売した。

 「SHieldMailChecker」は、クライアントパソコンにインストールするだけで、社外に送信する前に誤送信リスクを検出し、送信を止めることのできるメール誤送信防止製品。今回、マイクロソフトの技術協力により、「SHieldMailChecker」の対応範囲を、最新のExchange Server 2010と、現在も広く利用されているExchange Server 2003に拡大する。

 同時に、Exchange Serverに接続するOutlookについても、最新のOutlook 2010へ対応範囲を拡大する。「SHieldMailChecker」は、Outlookのアドインとして組み込まれるため、あたかもOutlookの誤送信防止オプションのような感覚で違和感なく使用することができる。万一、宛先間違いなどが検知された場合は、即座に修正して送信できる。

 価格は、基本ライセンスパックが31万5000円、年間保守料は4万7250円、20追加ライセンスパックが6万3000円、年間保守料は9450円、一社無制限ライセンスパックが2100万円、年間保守料315万円。なお、Exchange Server環境対応を記念したキャンペーンを9月30日まで実施する。キャンペーン価格は、基本ライセンスパックが18万9000円、年間保守料は3万7800円、20追加ライセンスパックが3万7800円、年間保守料は7560円、一社無制限ライセンスパックが1260万円、年間保守料252万円。