NTTデータ(山下徹社長)、サン・マイクロシステムズ(サン、ライオネル・リム社長)、富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(富士通SSL、池上幸弘社長)、ミラクル・リナックス(児玉崇社長)は1月14日、オープンソースの統合監視ツールに関して共同で普及促進することに合意し、「OSS統合監視ツール推進協議会」を設立したと発表した。

 同協議会では、主に既存の商用製品を利用している企業に対して、システム統合監視の機能についてはオープンソースの統合監視ツールでも商用製品に匹敵する十分な機能をもっていることを広く認識してもらうとともに、低価格で高品質の情報システム運用を求めるニーズに応えていく。

 具体的には、商用統合監視ツールを導入しているが費用対効果に満足していない企業、および費用面の問題から商用統合監視ツールの導入に至っていないシステムに対し、OSSの統合監視ツールを用いたソリューションを4社共同でプロモーションする。

 まずは、2月26日に東京で4社共同セミナーを開催し、富士通SSL、ミラクル・リナックス、NTTデータのソリューションを紹介。あわせて、サンは、MySQL Enterpriseに富士通SSL、ミラクル・リナックス、NTTデータのソリューションを組み合わせることで、MySQLで構築されたデータベースを含めた統合監視の実現について紹介する予定。