ドリーム・アーツ(山本孝昭社長)と東芝ソリューション(梶川茂司社長)は8月11日、日本通運(日通、川合正矩社長)が、外勤専任者を除く約2万人の新情報共有プラットフォームとして、ドリーム・アーツの企業情報ポータル型グループウェア「INSUITE Enterprise」を採用したと発表した。

 日通では、新情報基盤によって、社内に複数存在していたグループウェアの統合だけでなく、長期的な成長の基盤となるワークスタイルの創出を目指している。そのため、新情報基盤の検討にあたっては、標準機能として情報開示範囲をきめ細かく制御できることが必須要件となっていた。今回、導入ユーザーの要望にきめ細かく対応し、その経緯を細部の製品機能にまで作り込んでいる点や、数万人という日通と同規模での安定稼働の実績がすでにある点などを評価し、「INSUITE Enterprise」を採用した。

 なお、日通へのシステム提案、および導入・構築は、東芝ソリューションが実施し、新情報基盤の利用は、今年度に組織ごとに順次展開していく予定。