ネットワールド(森田晶一社長)は、仮想アプライアンス製品を提供しているメーカーがひと目で分かるウェブサイト「バーチャル・アプライアンス製品 提供メーカーラインアップ」をオープンした。

 仮想(バーチャル)アプライアンスは、「仮想マシン+OS+アプリケーション」を一体型で最適化した状態で提供するもの。「仮想マシン+OS+アプリケーション」の環境を一つのイメージ・ファイル(仮想ディスク・ファイル)として提供するので、構築や開発/検証の工数・時間の短縮、迅速な展開、低コストというメリットがあり、注目を集めている。

 これまで仮想化導入ユーザーやクラウド事業者、製品の担ぎ手であるパートナーが仮想アプライアンス製品を検討する際、どのメーカーがどのような製品を出しているのか、用途やメリットなど、個別に必要な情報を収集する必要があった。ネットワールドでは、こうした情報収集を支援するために、必要な時に最新情報を一元的に提供するウェブサイトを立ち上げた。

 情報を提供するメーカーにとっては、ネットワールドのサイトで顧客にスムーズに最新の情報を提供し、自社製品の販売促進に役立てることができる。

 ネットワールドでは、仮想アプライアンス提供メーカーからのサイトへの掲載要望を随時受け付けるとともに、仮想アプライアンス製品化への取り組みを支援する教育や検証プログラムも用意している。