アルプスシステムインテグレーション(ALSI、麻地徳男社長)は2月2日、Webフィルタリングソフト「InterSafe WebFilter」が、NECの仮想アプライアンス新製品「InterSecVM/CS」に採用されたと発表した。

 「InterSecVM/CS」は、高速プロキシとしてNECの「CacheBlast」を実装し、Web閲覧の高速化とWebサーバーのレスポンスを大幅に向上した仮想アプライアンス。今回、同製品に、ALSIのWebフィルタリングソフト「InterSafe WebFilter」がプリインストールされ、ライセンス購入のみで使用することが可能となった。これにより、Webメールや掲示板への書き込みの禁止や、業務に関係のないWebサイトの閲覧を制限することができる。