Lunascape(近藤秀和・社長兼CEO)は、日本時間の8月26日、欧州連合(EU)でWindowsのブラウザ選択画面にブラウザの一つとして「Lunascape6.3」が採択されたと発表した。

 ブラウザは、欧州版Windows 7の新規インストール、Windowsアップデートの際に表示される。Lunascapeは、現時点で国産ブラウザとしては唯一この選択画面で表示されることになる。同社では「Lunascape6.3 は、多言語対応のほか、多数の不具合を修正した。マイクソフトのSilverlight4が利用できない現象などを改善し、安定して利用できるバージョンになった」としている。