サイベース(早川典之社長)は、東芝ソリューション(梶川茂司社長)が7月12日に発表した証券業向け次世代トレーディング環境「アルゴリズムトレーディングソリューション」に、サイベースのリアルタイム・データ分析エンジン「Sybase CEP」と、膨大なリアルタイム・データと履歴データを保管・分析する「Sybase RAP - The Trading Edition」が採用されたと発表した。

 「Sybase CEP」は、アルゴリズムトレーディングに求められる高速・大量・正確・不断の注文執行に対して、低遅延で超高速の処理を実現し、アルゴリズムの作成・流用が容易な技術として高く評価され、「アルゴリズムトレーディングソリューション」のコア技術として採用された。

 また「Sybase RAP」は、注文・約定・市況の大量データを高速に保存でき、アドホック検索にも対応していること、さらに「Sybase CEP」上から容易にデータアクセスができることが決め手となって採用された。