京セラコミュニケーションシステム(KCCS、小林元夫社長)は、9月28日、ワークフローシステム「GreenOffice Workflow」にモバイルデバイス(iPhone・iPad・Android端末)対応機能を追加した新バージョン(Ver.4.11)を10月15日に発売すると発表した。

 「GreenOffice Workflow」は、同社が培ってきたノウハウをベースに企業内のさまざまな業務プロセスの効率化/可視化を支援するワークフローシステム。今回の新バージョンでは、従来の機能に加え、画面の大きさや操作性がパソコンと異なるiPhone・iPad・Android端末向けに文書一覧専用画面を開発し、承認・決裁がスムーズに行うことができるようにした。

 パソコン向けに作成した帳票をそのままモバイルデバイスに表示できるので、追加帳票作成が不要となる。また、会社の機密情報に関わる帳票は、モバイルデバイスの利用を制限し、パソコンのみからアクセスを許可する、といったセキュリティ設定もできる。

 同社では、インテグレーションを含む「GreenOffice Workflow」全体で、年間3億円の販売を見込んでいる。