横浜ゴム(南雲忠信社長)は、日立システムアンドサービス(日立システム、林雅博社長)、京セラコミュニケーションシステム(KCCS、小林元夫社長)と共同で、タイヤ空気圧モニタリングシステムのASPサービスを7月から開始する。

 このASPサービスでは、横浜ゴムのトラック・バス用タイヤ空気圧モニタリングシステム「HiTES(ハイテス)」と、日立システムのトラック運行管理ASPサービス「e-trasus(イートラサス)」、KCCSの高精度GPS端末「イチしるべ」を連携させた。

 「HiTES」で収集したタイヤの空気圧・タイヤ内空気温度情報を「イチしるべ」に転送し、携帯電話網を通じて「e-trasus」サーバーにデータ送信する。利用者は、インターネットを通じて「e-trasus」システムへアクセスし、車両の動態管理・運行管理に加えて、タイヤ空気圧・タイヤ内空気温度の管理を行うことができる。

 運行管理者や整備担当者は、車両の運行状況や、タイヤ空気圧・温度をリアルタイムに把握し、一元管理することが可能となる。また、車両の現在位置や走行ルートを地図上で把握できるほか、速度や運行状態が記録されるので、運転日報の作成にも活用できる。さらに、「HiTES」はトレーラ車両への装着が可能で、トラクタ(運転席のあるけん引車両部分)から切り離した後のトレーラ(荷台や客車部分)の位置確認を容易に行うことができる。