ニュース

KCCS、Twitterを利用したiPhone・Android向け実験サービス

2010/08/04 10:17

 京セラコミュニケーションシステム(KCCS、小林元夫社長)は8月3日、iPhoneおよびAndroid向けのTwitterクライアント「TwitLooper(β版)」を無料で公開し、利用者ごとに個人の趣味・嗜好に近いユーザーを「おすすめ」として紹介する実験サービスを提供開始したと発表した。

 「TwitLooper(β版)」は、Twitterを利用し、ユーザーニーズに沿った情報提供を行うiPhone・Android向けの実験サービス。同サービスを利用することで、ユーザーは匿名性を確保しながら、個人の趣味・嗜好に近いユーザーを「おすすめ」として自動選別できる。これにより、ユーザーの「探す」、「発見する」という作業を支援する。

 KCCSでは、この実証実験を通じて得られたデータを基に、行動ターゲティング技術を発展させ、今後の新たなモバイルサービス提供に活用していく計画。
  • 1

関連記事

横浜ゴムと日立システムとKCCS、タイヤ空気圧モニタリングのASPサービス

KCCS、WiMAX網を利用した新規ビジネスを支援するサービス

KCCS、大塚製薬のリモートアクセス環境全面リニューアルを支援

日本ユニシスとKCCS、変更管理ソリューション「Tripwire」の販売で協業

KCCS、UQコミュニケーションズとWiMAX提供パターン5の接続で契約締結

外部リンク

京セラコミュニケーションシステム=http://www.kccs.co.jp/

「TwitLooper(β版)」=http://www.twitlooper.jp/

おすすめ記事

 
 

『週刊BCN』デジタル版 無料進呈キャンペーン

無料会員登録で6号プレゼント!!【9/30まで】

× ◆無料会員登録はこちらから>>