日立情報システムズ(日立情報、原巖社長)は、セキュリティクラウドサービス「SHIELDeXpress(シールドエクスプレス)」の新ラインアップとして、「SHIELDeXpress 認証管理サービス」の提供を9月30日に開始した。

 「SHIELDeXpress 認証管理サービス」は、パブリッククラウド、プライベートクラウドが混在するシステム環境で複数のWebサービスに一度の認証でログイン(シングルサインオン)できるサービス。複数のWeb サービスの認証情報(ID、パスワード)を同社データセンターで一元的に管理し、データセンターが提供するポータルサイトへのアクセスによって一度の認証で社外・社内問わず複数のWebサービスの認証が可能なシングルサインオンを実現する。また、オプションで提供するPKI認証、指静脈認証との併用によって、認証のセキュリティレベルを向上させることができる。

 ポータルサイトへのアクセスは、WindowsPCのほか、シンクライアントPC、スマートフォン(Android、iPhone)、iPadが利用でき、モバイル接続にも対応している。さらに、SaaS型サービスを提供するプロバイダが同サービスを認証基盤として利用することも可能となる。

 価格は、50ユーザー利用時で初期費が15万7500円から、ID・パスワード認証が月額5250円(1ユーザー月額105円)、PKI認証が月額1万8375円から(1ユーザー月額367.5円)、静脈認証は個別見積。日立グループのクラウドソリューション体系である「Harmonious Cloud」の一つとして、セキュリティクラウドサービス「SHIELDeXpress」を構成するサービスのラインアップ強化を図り、11年度末までに「SHIELDeXpress」全体で1億5000万円(累計)の売り上げを目指す。