日立情報システムズ(原巖社長)は、クラウドが本格的な普及期を迎えるなかで、同社の「プール化構想」のうち「サービスプール」事業に位置づけている仮想化/クラウドサービスをリニューアルし、業種別SaaSなどを展開する「SaaSコンシェルジュサービス」など、四つのメニューに整理統合した。同社は、中国でSaaS展開することを計画している。