トランスウエア(松田賢代表取締役)は、7月1日にサービス開始したクラウド型メール誤送信防止サービス「Active! gate SS」の「初期費用無料キャンペーン」の終了日を9月30日から11年3月31日まで延長する。

 「Active! gate SS」は、オンプレミス型ソフト「Active! gate」の豊富な機能を持ちながら、小規模事業者でもすぐに使えるクラウド型のメール誤送信防止サービス。「送信メールの一時保留」「添付ファイルの ZIP暗号化」「添付ファイルのWebダウンロード」「Bcc強制変換」「送信拒否」といった誤送信防止のための5つのアプローチを1つのサービスで実現している。

 今回のキャンペーン期間延長により、11年3月31日までに注文したユーザーを対象に、「ベーシックプラン」「アドバンスドプラン」「ファイル変換専用プラン」「Bcc強制変換専用プラン」の初期費用(通常税別5万円)、「オリジナル運用プラン」の初期費用(通常税別10万円)を無料で提供する。