トランスウエア(松田賢代表取締役)は、ビジネス向けWebメール製品「Active! mail 6」が、NTTビズリンク(月間郁夫社長)が提供する高機能レンタルサーバーサービス「BizLinkメール&ウェブサービス」のオプションサービス「Webメールモバイルプラス」に採用され、4月23日に提供開始したと発表した。

 「Active! mail 6」は、Ajaxを用いて開発され、快適な操作性とパフォーマンスを実現するほか、実際のビジネス環境での利用に適したセキュリティ機能などを備えている。添付ファイルのプレビュー機能により、外出先のスマートフォンや携帯電話などからでもWord、Excel、PPT、PDFなどの添付ファイルの内容が確認できるなど、モバイル環境でのビジネス利用にも最適となっている。

 今回のオプションサービス「Webメールモバイルプラス」は、基本サービスとなる共用サーバー型サービスの価格据え置きで、20アカウント分を標準搭載して提供される。アカウントを追加する場合は、20アカウントごとに月額840円の追加となる。専用サーバー型サービスの場合は、初期費用1万500円、50アカウントごとに月額3150円。