NTTソフトウェア(伊土誠一社長)は、次世代オフィスソリューション「ProgOffice」と情報漏えい対策ソリューション「CipherCraft/Mail」で、富士ゼロックスのカラー複合機「ApeosPortシリーズ」を連携した「FAX誤送信防止ソリューション」を開発した。

 「FAX誤送信防止ソリューション」は、ネットワーク上の電話帳を利用して顧客情報を一元管理することで、FAX電話帳の更新漏れを防ぐ。また、複合機による紙媒体入力、送信内容の自己確認、上長承認といった一連の確認作業を電子化することで、FAX送信先や送信内容のミスを防止できる。NGN(Next Generation Network)に対応しており、NGN回線を利用してFAX送信も可能だ。

 来春に向け、次世代オフィスソリューションの一製品として、商品化を行う予定。現在販売しているメール誤送信防止ソリューション「CipherCraft/Mail」とあわせて、誤送信防止ソリューションとして販売展開していく。