NTTソフトウェア(伊土誠一社長)とウルシステムズ(漆原茂社長)は8月25日、情報通信サービス産業などを中心とした業務・ITコンサルティング分野での業務提携を開始すると発表した。

 今回の業務協業では、システム統合、各種パッケージソフト導入、基幹業務システム構築に豊富な実績をもつNTTソフトウェアのノウハウと、システム化企画・業務分析・要件定義などの上流コンサルティングに実績のあるウルシステムズのノウハウを融合し、ベンダー中立のコンサルティングサービスを提供する。

 このサービスにより、顧客の様々なニーズにあった企業ITの選択やITシステム導入を、幅広い視点で強力にサポートし、イノベーションに俊敏に対応でき、かつ適正なコストで事業戦略に合致したITシステムの実現が可能となる。

 両社では、今後3年間で総額50億円の受注を目指す。