ディアイティ(下村正洋社長)は、米サイバーアークソフトウェア製の特権ID管理製品「PIM Enterprise Suite」の販売を開始した。特権IDとは情報システムのメンテナンス時に使用するルート権限、アドミニストレータ権限などのID/パスワードを指す。

 特権IDの管理ミスによるデータ漏えい、ID盗難、システム乱用などの事件・事故は後を絶たない。これは企業に経済的な損失や、社会的なブランドイメージを失墜をもたらす大きな問題となっている。また、これまで社内のIT管理者が管理していたシステムがクラウドに移行することによって、事故の発生が懸念されるケースもある。それは、部外者が社内システムの特権IDを保有し、管理する状況が生まれるということだ。

 「PIM Enterprise Suite」はすべてのサーバー、ネットワーク機器、アプリケーションの特権IDを集中管理する。上位のIT管理者が直接システムにアクセスできないようにPIMを介して認証することで、安全な特権IDの管理を実現する。社内の特権IDは、「オートディスカバリ」機能を利用して自動的に検出できる仕組み。(鍋島蓉子)