NECネッツエスアイ(山本正彦社長)は、10月15日、スマートフォンや多機能型携帯端末を活用したリモートデスクトップアクセスソリューション「持ち出しマイデスク for iPhone&iPad」のセキュリティを強化したと発表した。

 「持ち出しマイデスク for iPhone&iPad」は、iPhoneやiPadからインターネット経由で自席PCへアクセスし、端末側に転送されたPCのデスクトップ画面を見て操作する画面転送型のリモートアクセスシステム。端末側には情報が蓄積されず、SSL通信によりアクセス回線の高セキュリティを確保するなど、情報漏えいリスクに配慮している。

 今回のセキュリティ強化では、社内ネットワークへのログイン認証時の安全性をさらに強化するために、シー・エス・イー(CSE、関好行社長)の本人認証システム「SECUREMATRIX」との連携を実現したほか、iPhoneやiPadがそれぞれもつ固体番号(UDID)による認証機能を実装した。

 同社は、「持ち出しマイデスク for iPhone&iPad」シリーズを中心に、社外でも自席PCのデスクトップ環境を利用できるソリューションで、12年度までの3年間で約10億円の受注を見込んでいる。