NECネッツエスアイ(山本正彦社長)は7月30日、今年10月の本社移転(東京都文京区 飯田橋ファーストタワー<愛称:iタワー>)を目前に控え、本社移転プロジェクトを本格稼動すると発表した。

 同社はこれまで、空間とICTの融合でクリエイティブワークを促進するオフィス改革ソリューション「EmpoweredOffice」を、自社の営業フロアおよびSEフロアに導入し、検証を繰り返しながら顧客に提供してきた。今回の移転では、そのノウハウを最大限に生かし、導入フロアを全社に拡大、成長し続ける「EmpoweredOffice」に取り組んでいく。

 また、本社移転プロジェクトを通じて、これまで以上に顧客にとって価値ある提案を目指す「3つのチャレンジ」として、(1)オフィススペースを従来比30%OFFします!、(2)オフィスコストを20%削減します!、(3)革新的なプロセス改革に挑みます!--をを宣言し、改革を進めていく考え。

 さらに、この「3つのチャレンジ」を達成するため、(1)フルオープン・オフィス、(2)ゼロディスタンス・オフィス、(3)ノーペーパー・ワーキング、(4)エンパワード・ワーキング--という4つのコンセプトを掲げ、さまざまなアイデアや仕掛けを徹底的に実践・検証し、クリエイティブでスマートな働き方を追求していく。