東芝ソリューション(梶川茂司社長)は10月28日、統合コンタクトセンタソリューション「CT-SQUARE」の多言語対応版をパッケージに標準装備し、10月から提供開始したと発表した。

 「CT-SQUARE」は、国内130社以上の導入実績をもつ統合コンタクトセンタソリューション。今回、英語・中国語のインターフェイスを標準装備することで、各国別ユーザーインターフェイスの個別開発が不要となった。また、各国のコールセンターをワンシステムで提供することで、製品やサービスに関するリスク管理、品質管理の一元化を実現する。さらに、「グローバルコード」により製品・問い合わせ分類を統一することで、同製品に関する問い合わせ傾向などをグローバルに把握することが可能となる。

 同社では今後、グローバル事業展開をしている日本企業に「CT-SQUARE」を拡販し、今後3年間で10億円以上の売り上げを目標としている。