東芝ソリューション(梶川茂司社長)は2月24日、クラウドサービスの第2弾として、情報活用ソリューションをSaaSで提供する「Eiplaza」を3月に発売すると発表した。

 「Eiplaza」では、同社が長年培ってきた日本語処理・自然言語処理技術、文字・画像認識技術、XML技術などのコア技術を基にして、企業の情報活用で必須となるファイルサーバー、文書保管・検索、コミュニティ機能や、より高度な翻訳やテキスト分類、テキスト分析機能など、顧客の多様な要求にワンストップで応えられる情報活用機能をラインアップ。ファイル共有「Eiplaza/FS」、文書管理「Eiplaza/DM」、コミュニティ「Eiplaza/CM」、翻訳「Eiplaza/MT」の4つの機能をSaaSとして提供する。

 顧客は、「Eiplaza」の豊富なラインアップから、業務の流れの中で必要なものを自由に選択し、組み合わせて利用できる。これにより、コンプライアンスに対応した文書の生成・管理・活用などが容易に実現可能となる。また、バックアップやパッチ適用などシステム管理者が行っていた作業を含んでサービス提供しており、今まで手間のかかっていたシステムの管理や運用の作業を大幅に軽減できる。さらに、同社の高信頼・高可用なプラットフォーム上で構築・運用しているため、安心して各種サービスを利用できる。

 今後は、規程管理や内部統制など同社で実績のある業務システムをSaaS化し、順次「Eiplaza」のラインアップを強化していく予定。