日立ソリューションズ(林雅博社長)は、Webシステムだけでなくクライアントサーバーシステムにおいてもシングルサインオンを実現する製品「SRGateクライアントエージェント」を11月1日に発売した。

 「SRGateクライアントエージェント」は、これまで多くのシングルサインオン製品がWebシステムのアプリケーションしか対応していなかったものを、クライアントサーバーシステムのアプリケーションにも対応した製品。これにより、従来型の業務システムにも1回のログインで認証が可能となる。また、各業務アプリケーションを修正する必要がないため、安価にシングルサインオン認証を実現できる。

 ユーザーは、クライアントPCに「SRGateクライアントエージェント」をインストールするだけで利用することができる。さらに、システム管理者による一括管理を実現するためのLDAPによる認証システムの構築(別途サーバーにDBの構築が必要)を行うことも可能。

 価格は、100ユーザーライセンスで73万5000円から。同社では、「SRGateクライアントエージェント」を、統合認証・アクセス管理ソリューションの製品ラインアップに追加し、シングルサインオンを実現していない中堅・中小規模企業に向けて販売していく方針。