日立ソリューションズ(林雅博社長)は、ファイアウォールの監視、通知、レポート生成機能の新製品「FIREWALLstaff」を10月18日に発売する。

 「FIREWALLstaff」は、ファイアウォールとUTM(統合脅威管理)機器の稼働状況や発生しているトランザクションを監視するソリューション。情報システム管理者は、サイバーアタックやウイルスの発生、ファイアウォールに異常が発生した場合に、迅速に対策を打つことができる。ネットワークの利用状況や攻撃防御の統計など、ファイアウォールのログも集計するので、適切な設定・変更に役立てることもできる。

 対応するファイアウォールとUTMは、「Juniper Networks NetScreen/SSGシリーズ」「 Juniper Networks SRXシリーズ」「Palo Alto Networks PAシリーズ」「Fortinet FortiGateシリーズ」。同社は今後、対応するファイアウォール製品を増強していく予定。