日立ソリューションズ(林雅博社長)は、緊急地震速報 通報・避難支援ソリューション「震ナビゲーション」に、従業員やその家族の安否確認を行うサービスを加えた新バージョンを発売した。

 「震ナビゲーション」は、気象庁から配信される「高度利用者向け緊急地震速報」を利用し、緊急地震速報受信ソフト「クルグラット」と日立ソリューションズの総合通報技術を組み合わせることで、地震前後の所ジュ法を伝え、避難を支援する。今回、新機能として「震ナビ安否確認サービス」を追加した。

 「震ナビ安否確認サービス」によって、地震発生前の緊急地震速報の通報から、安否確認、二次災害情報の配信、安否確認の集計までサービス提供することが可能となり、業務継続の決め手となる迅速かつ的確な情報収集と初動対応をサポートする。

 価格は、最少構成で1拠点使用ライセンスが115万5000円。専用端末「クルグラット」が21万円。