ピーエムシー・シエラジャパン(ピーエムシー・シエラ)は12月14日、「Adaptec 6シリーズRAIDコントローラ」を発表した。

 「Adaptec 6シリーズRAIDコントローラ」は、米PMC-SierraのマルチコアSRC 8x6G RAID on Chip(RoC)コントローラをベースに設計。管理コストを削減し、環境への影響を最小限にする「ゼロメインテナンスキャシュプロテクション」を搭載した6Gb/秒 Unified Serial RAIDコントローラとなっている。

 SASエクスパンダー使用時に最大256台のSATA/SASデバイスをサポートし、8レーンPCIe Gen 2ホストバス接続による高いパフォーマンス、拡張性、柔軟性を提供。これまでの5シリーズファミリが現在の市場標準である3Gb/秒パフォーマンスを提供するのに対し、新製品は6Gb/秒 SAS 2.0インターフェイスとPCIe Gen 2ホスト接続により、60%高速なサステインドシーケンシャルスループットを提供する。

 シーケンシャルでの高い帯域幅を必要とするアプリケーションに対しては、最大2GB/秒のサステインドデータ転送レートを可能にする。ピークパフォーマンス時では、SAS 2.0インターフェイス経由で4.8GB/秒、PCIe Gen2ホストインターフェイス経由で4GB/秒を提供することで、非圧縮3Dビデオストリームの編集、配信といった高速ストリーミングアプリケーションに対しても十分な帯域幅を提供する。

 現在サンプルを提供しており、「Adaptec RAID 6405」と「Adaptec RAID 6805」はシングルとキットで、「Adaptec RAID 6445」はシングルで提供する。市場価格はオープンプライス。