アダプテックジャパン(稲葉知彦代表取締役)は、このほどテクノロジーセミナーを開催し、その会場でSSD搭載RAIDコントーラとストレージ管理ソフトをパッケージ化した「MaxIQ SSDキャッシュパフォーマンスソリューションキット」の優位性をアピールした。

 同製品は、サーバーとストレージをつなぐRAIDコントローラで、クラウド化に寄与する製品として市場投入した。大幅な高速化を実現するSSDの採用により、データ転送の遅延が少ないことに加え、SSDにデータを貯めておいてディスクへのアクセスを抑えることが特徴となる。稲葉代表取締役は、「様変わりしているDC(データセンター)のニーズに対応できる」と自信をみせた。

 サーバーを販売するシステムビルダーにとっては、採用するメリットがありそうだ。省電力や省スペースのオリジナルサーバーを開発するエーティーワークスでは、自社製品と「MaxIQ」の互換性を含めたテストを実施した。結果は、従来よりも高いパフォーマンスを達成したという。

 ファイルサーバーやウェブアプリケーションに適していると判断し、オプションとして製品ラインアップに加えることを検討している。(佐相彰彦)