東芝(佐々木則夫社長)は、グループ13万人が利用するグループウェアを、マイクロソフトの企業向け電子メールサーバー「Microsoft Exchange Server」と企業ポータルソフト「SharePoint Server」で構築した「Advanced Communication System」に移行する。

 東芝は、国内最大の「Exchange Server」および「SharePoint Server」導入事例となる。2010年1月からグループ内クラウドサービスとして、「Advanced Communication System」に段階的に移行しており、11年度末までに国内8万人がメール移行を完了する予定。その後海外拠点の移行を実施し、2012年度中にグループ各社での運用を開始する方針。東芝は、従来比で約2割のコスト削減効果が見込む。(信澤健太)