スカイコム(荒武捷ニ社長)とマイクロソフト(ダレン・ヒューストン社長)は12月14日、「Microsoft Office SharePoint Server」ベースのECM(エンタープライズコンテンツ管理)ソリューションの認知度向上と早期の市場拡大を図るため、企業向けECMソリューションの提供で協業すると発表した。

 今回の協業は、スカイコムの高速PDF作成ソフト「SkyPDF」と、マイクロソフトのサーバーアプリケーションの統合製品「Microsoft Office SharePoint Server 2007」を組み合わせたソリューションを提供するもので、スカイコムが同ソリューションの設計・構築・販売を担当。「SharePoint Server」の部門レベルでの導入検証に最適なパッケージ製品「SkyPDF for SharePoint Server 2007」を発表し、同日から販売を開始した。

 「SkyPDF for SharePoint Server」は、「SharePoint Server」のコンテンツ管理環境でPDFが扱える唯一のソリューション。PDFファイルにIRM(Microsoft Information Rights Management)権限を付与し、コピー・印刷・転送などを制御・管理することで情報保護を実現する。「Visio」「一太郎」「DocuWorks」など「SharePoint Server」未対応のファイルも、PDF化することでIRM権限の自動付与が可能となるため、一元化した安全なドキュメント管理が行える。「SharePoint Server」のアドオンソフトとして提供するため、同一GUIで違和感なく操作することが可能。

 「SkyPDF for SharePoint Server」は、PDFにIRM権限を付与する「SkyPDF for SharePoint Server 2007」、ウェブブラウザからの簡単な操作でサーバー上でPDFを高速に作成する「SkyPDF Web Server 2.0」、IRM権限が付与されたPDFを閲覧するクライアント用表示ソフト「SkyPDF Viewer 1.7」の3つのスカイコム製品を同梱した「SkyPDF for SharePoint Serverパック」として販売する。価格は1000クライアント987万円から。スカイコムでは、「SharePoint Server」の既存ユーザーおよび新規ユーザーを対象に、今後3年間で20億円の売り上げを目指す。

 両社は、コンテンツ管理や情報共有などのビジネスソリューションを広く紹介するため、セミナーなどのマーケティング活動でも協力し、第1弾として共同セミナーを08年2月6日に開催する予定。