KDDI(田中孝司社長)が、OSにAndroidを搭載したスマートフォンの法人向け展開の拡大に取り組んでいる。法人利用でのセキュリティ対策の重要性を受け、セキュリティベンダーと連携して開発したスマートフォン向けセキュリティサービスを提供していく。

 2月中旬に、管理者用のウェブサイトから遠隔操作によって端末をロックすることができ、情報漏えいなどを防ぐ「リモートロック for IS Series」を試験提供する。料金は無料。

 6月には、au携帯電話で提供しているソリューションサービス「ビジネス便利パック」のスマートフォン向けアプリケーション「ビジネス便利パック for Android」を提供する。リモートロックやリモートデータ削除などの機能をもつ。料金は未定。

 KDDIソリューション事業企画本部サービス企画部の三澤健一課長は、「Android端末『IS03』の発売以降、法人案件が増えている。今回のサービスによってセキュリティの課題を解決し、Android端末の法人展開を徐々に広げていきたい」としている。(ゼンフ ミシャ)

ソリューション事業企画本部サービス企画部の三澤健一課長