ラリタン・ジャパンは、インテリジェントPDU「Dominion PX」60台をサイバーエージェントのデータセンターに納入したと発表した。最終的な導入台数は200台となる見込みだ。

 サイバーエージェントは、注力事業である「Ameba」ビジネスの急成長にともない、データセンターの電力管理において適切なタイミングでシステムを強化・拡張していくことが課題となっていた。

 今回、データセンター拡張を機に、この課題を解決する手段として電力管理ツールを検討した結果、コンセントごと(ITインフラごと)に電力情報を取得でき、電源をリモートオンオフできる「Dominion PX」を60台導入した。

 導入によって、「Ameba」が稼動するサーバーの電力情報をリアルタイムで把握できるようになり、電源やラックの発注、ラックに設置するサーバーの台数を最適化させるなど、データセンターの効率的なキャパシティ管理を実現している。