ラリタン・ジャパンは、ITインフラの統合管理ソリューション「CommandCenter Secure Gateway(CC-SG)」の仮想アプライアンス版を発売した。

 「CC-SG 仮想アプライアンス版」は、VMware vSphereバージョン4.0上で動く仮想管理ソリューション。ハードウェアアプライアンスの「CC-SG」がもつ機能をすべて備え、仮想/物理サーバーの混在環境や、組み込み、シリアル機器、電源管理デバイスなどITインフラ全体を1つのウェブブラウザインターフェイスから管理することができる。

 すでに仮想環境に移行したサイトはもとより、これから仮想環境への移行を検討しているサイトなどでは、専用のハードウェアを用意することなく「CC-SG」の構築が可能となる。ケーブルやネットワークも追加する必要がないので、初期費用/管理コストを削減できる。

 価格はオープンで、市場想定価格は66万円。基本ライセンス構成は128ノードから(1年間のソフトウェア保守を含む)。