インフォテリア(平野洋一郎社長)は、iPadコンテンツ作成・配信・閲覧サービス「Handbook(ハンドブック)」が野村證券に採用されたことを発表した。野村證券は、会議での資料配信に利用する。

 野村證券は、「Handbook」を営業部門が運営する役員会議をはじめとする社内会議で活用。「Handbook」とiPadで、ペーパーレス会議でも手元で資料を閲覧できるだけでなく、会議の直前に登録した資料も活用できるようになった。

 野村證券は、「Handbook」の操作が直感的で会議の参加者に特別な教育を必要としないこと、またiPadに配信したPDFの資料をスムーズに閲覧できることを評価して採用した。

 今後、全国の支店の営業担当者にもiPadを配布し、「Handbook」で営業資料や映像コンテンツの提供を行う予定。野村證券の藤井公房国内IT戦略部長は、「『Handbook』などでクラウドを利用していると、日々使い勝手が進化しているのがわかる。自社でシステムを開発・運用していては、変化のスピードに対応できない。これからもクラウドを利用しながら、ビジネスのスピードを加速させていきたい」と話している。(信澤健太)