Skyは、クライアント運用管理ソフトウェアの新バージョン「SKYSEA Client View Ver.5.1」を販売開始した。

 「SKYSEA Client View」は、情報資産、ログ情報の収集・管理など、さまざまな情報セキュリティ対策やメンテナンスに対応したクライアント運用管理ソフトウェア。今回の新バージョンは、クライアントPCだけでなくオフィス全体を支援するソフトウェアとして機能強化した。

 サーバーログを活用し、的確に状況を把握できる機能をオプションで提供。各種サーバー内の重要データを管理することで、アクセスに失敗したログも記録できるようになった。また、複数サーバーのイベントログを管理機からまとめて閲覧可能で、必要なログのみ抽出して確認できるなど、サーバーログを効率よく活用できる。

 ソフトウェア資産管理(SAM)に必要な4つの台帳により、詳細なライセンス管理が可能となった。ソフトウェアメーカーによる監査への対応など、国際規格(ISO/IEC19770-1:2006)などに準拠した適切な資産管理を支援する。ライセンスと端末を紐付けて管理でき、レポート出力も可能となっている。

 このほか、USBデバイスなどに最後に記録されたファイルの確認、ソフトウェア配布によるネットワーク負荷の軽減、McAfee製ウイルス対策ソフトウェアに対応、ネットワーク接続できない端末のログを収集可能などの機能強化を図っている。