日本デジタルオフィス(濱田潔代表)は、3月18日、日本マイクロソフト(樋口泰行社長)と協力して、携帯電話/スマートフォン向けの被災時緊急連絡用アプリケーション「J!ResQ」(ジェイ レスキュー) の無償提供を開始した。

「J!ResQ」のAdnroid版の画面イメージ

 「J!ResQ」は、被災者が携帯電話やスマートフォンを利用して、自分の位置情報と音声をあらかじめ登録したメールアドレスに自動送信できる。位置情報と音声のデータは、日本マイクロソフトのクラウドプラットフォーム「Windows Azure Platform」に自動的に蓄積されるので、「J!ResQ」のメール送信先に入っていない人でも、発信者のメールアドレスで検索すれば、知人の消息を確認できる。今後、多言語対応を予定している。

 Android向けアプリは、Androidマーケットから無料でダウンロードできる。iPhone向けアプリは、現在、App Storeに申請中。位置情報とメッセージをウェブサイトに登録できる携帯電話向けアプリは、まもなく提供する予定。なお今後、Windows Phone 7用のアプリも提供する予定。(ゼンフ ミシャ)