日立情報システムズ(日立情報、原巖社長)は、ITコーディネータ協会と連携し、東日本大震災の被災者救援や復旧・復興支援活動として、同社データセンターで稼働する仮想サーバーシステムを6か月間、無償提供する。

 無償提供する仮想サーバーシステムは、中小規模企業向けクラウドサービス「Dougubako(どうぐばこ)」の仮想クライアント/サーバー提供タイプ「V-TOP CL/SV」。インターネットを通じて、データセンターに設置したサーバーのハードディスク、メモリを利用するクラウド型のサービスだ。

 情報保存・共有を目的とした臨時のシステム基盤として活用でき、新たに物理的なサーバーを購入・セットアップする場合に比べ、短期間で利用できるようになる。サーバーに保存したデータは、定期的なバックアップによって安全に保管される。

 提供対象は、東日本大震災でコンピュータシステムに被害を受けた地方公共団体、中小規模企業と、救援を支援する団体など。1社/1団体につき1アカウントで、最大50アカウントの提供を予定している。