富士通ビー・エス・シー(富士通BSC、兼子孝夫社長)は、セキュリティソフト「FENCE」シリーズの新製品として、電子文書の持出し承認システム「FENCE-Works」を4月1日に発売する。

 「FENCE-Works」は、電子文書の持出しに関する申請、承認、暗号化、持ち出し、持ち帰り、ログ管理までの一連の運用をシステム化したソフト。運用負荷の軽減と、セキュリティポリシーに則った運用の徹底を図ることができる。

 申請者が持出し申請したファイルを承認者が承認することで、持ち出しファイルを自動的に暗号化。持ち出すファイルの原本や暗号化されたファイルをサーバー内に保管する。

 また、申請から持ち出しに関する一連の流れをログとしてすべて残すことが可能。さらに、持帰り申請を行った場合、持帰りについてもログとして残すことができる。ログデータはCSVファイルとして外部出力することができるので、既存の持出し管理システムとの連携も容易だ。

 最小構成価格(サーバーライセンス+1ユーザーライセンス)は48万7500円。同社は、販売開始後3年間で100企業への販売を目標としている。